S12記録

前期は終盤まで本気で潜らず結局全然勝てなかったので、今期は序盤から潜るようにして最終的に 3ロム体制で潜るようにした。

今期もヒトムグロスミミッキュを軸としたパーティーを使用した。@ 3として 1.受け崩し 2.マンダガルドに強い  3.補完 といった形になる。

1をバンギラス、2をゲッコウガ、 3をカプ・レヒレとした。

バンギラスは初め、岩zだったが、悪zでも十分な崩しができると判断して変更したところ、重かったカバリザの並びに選出できるようになり、大きく選出の幅が広がった。

ゲッコウガはマンダに対する冷凍ビーム、ガルドへの悪の波動、加速したバシャ、スカーフランドにうてる水手裏剣は確定で@1にハッサム絡みのサイクル、そしてナットレイへの打点としてめざパ炎とした。後述のカプ・レヒレのおかげで相手のゲコとの不毛な同速対決しなくて済むようになったのと、HDカバをHP満タンから処理する場面がなかったので草結びは不要と判断した。

カプ・レヒレは催眠対策、ゲッコウガ対策として採用。スカーフを持たせたところルカリオなどに強い、ゲンガーを裏の先制技圏内に入れるなど予想以上に強かったのでシーズン通して使用した。

受け崩しはバンギラスを通すのを考え、グロスとの物理の役割集中していく。

ミラーには陽気の襷ミミッキュが強かった。陽気でもストッパー性能は十分。

 

TN テステス 最高最終2144  7位

TN Artemisia 最高2133 最終2050くらい

TN Lavenza   最高2081 最終?

 

f:id:A4142135a:20181107102713j:imagef:id:A4142135a:20181107102724j:image

 

本気出してやって結果を出すことができて嬉しいです。BFでも4位までいけたし、今期関わる人がかなり増えてすごい良いシーズンでした。

ヒトムグロスは今期のトップメタ。構築記事を見る限り、明確なヒトムグロスの対策がされてるのが上位にきている。